Mitushi Yanaihara

DESIGNART TOKYO【デザイナートトウキョウ】のプレスを務める

小高妃登美さんから

エキシビジョンのご紹介

入場無料なのでこの期間に横浜にいらっしゃる方は是非‼

https://www.mitsushi-yanaihara.com/

会期 :2019年2月27日(水)~3月9日(土)11:00~19:00

会場 :BankART SILK(横浜市中区山下町 シルクセンター1階)

◇3月1日(金)18:30~オープニングレセプション

◇3月8日(金)19:30~トークセッション

ゲスト:武部 貴則(YCU-CDC代表)・伊藤 剛(asobot代表)

デザイナー矢内原 充志氏が3年間寿町での【yokohama kotobuki inside】の展示を中心としながらこの1年間で作成した100点を超える服と、会社としててがけた様々なプロジェクトのディレクションワークを発表。服作りや様々なデザインワークを通して試行してきた【ファッションとは何か】【存在とは何か】などの問いについて、手と頭で考察してきた過程を視覚化しています。

■創造都市×ファッション【kotobuki Inside】日本の3大ドヤ街のひとつ横浜市寿町(ことぶきちょう)をフィールドワークしながら人々と対話し、それぞれの人にマッチした服を作成し、着てもらい、ポートレイトに収めていくアートワーク。そこに暮らす人々や活動する人々の多様性に着目し、だれもが等しく内包している”創造性”をファッションというツールで視覚化することを目的としています。助成:アーツコミッション・ヨコハマ【ARTS COMMISSON YOKOHAMA】

■医療×ファッション【CDC-YCU×FASHION】横浜市立大学コミュニケーション・デザイン・センター(YCU-CDC)との共同プロジェクト。ヘルスケアに関わる、様々なテック系布商品を開発。助成:横浜市リーディング事業助成金(トライアル助成)

■地域産業×ファッション【FACTORY LINE】愛媛県各所に広がる縫製品工業組合と議論を重ね、”作る側”の視点にも立った高付加価値商品をプロトタイピングしていくプロジェクト。共催:愛媛県縫製工業組合

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。